FC2ブログ

第34回目 【山行記録:2013/1/8 小秀山】

2013年1月8日に再度、小秀山へと行ってきました。

日帰りの計画ですがトレーニングも兼ねた為、テント泊装備一式+ロープ(8.6mm 60m)を
70Lのザックに入れて登山に臨みました。

※行動記録はICレコーダーにて記録。

●1/8(火)
7:37乙女谷渓谷キャンプ場発⇒8:42夫婦滝⇒9:13孫滝⇒10:09カモシカ渡り
⇒11:50兜岩⇒14:04山頂⇒15:33兜岩⇒17:40乙女渓谷キャンプ場着

朝7時頃、乙女渓谷キャンプ場の駐車場着。
1月3日は降雪もあり駐車場は一面真っ白だったが、今回は降雪は無く駐車場は所々地面が見えていた。

天気も快晴。

二の谷登山道入口には雪が積もっていた為、駐車場でアイゼン装着。

登山口から1時間程で夫婦滝着。

DSC_0173_convert_20130112192719.jpg
【夫婦滝】

3日と比べると全体的に凍っていたが、上部ではまだ少し水の流れがあった。

今回は道に迷わなかった為、前回よりも50分程早くカモシカ渡りに到着することが出来た。

DSC_0177_convert_20130112192831.jpg
【カモシカ渡り】

今回、カモシカ渡りの岩場には殆ど雪が付着していなかった。

木の幹や岩を掴みつつ、カモシカ渡り通過。

ここから先は未知の領域。

カモシカ渡りを超えた所で兜岩が見えた。
遠いぞ。。

三の谷分岐付近から進む足が雪にはまる事が多くなる。
場所によっては腰近くになることも。

兜岩付近から頂上近くにある秀峰舎が見えた。
遠っ。。。

11:50兜岩着。

積雪の量は相変わらずでトレースが無い為、木の枝に付いてる赤テープを頼りに先へと進む。

第二高原を少し過ぎて時計を見ると13時。

僕の中での山頂到達のタイムリミットは14時。

このままでは間に合わないと判断し、ザックをデポして空身で山頂に向かうことに。

第三高原を過ぎてようやく山頂付近にある秀峰舎へと到着。

DSC_0184_convert_20130112193320.jpg
【秀峰舎】

山頂からの帰りに入口だけ見学させてもらったがとても綺麗だった。

14:04小秀山山頂着。

DSC_0179_convert_20130112193227.jpg
【小秀山山頂と御嶽山】

DSC_0180_convert_20130112192957.jpg
【小秀山山頂から望む中央アルプス】

DSC_0182_convert_20130112193131.jpg
【中央アルプス 拡大写真】

素晴らしい景色と天気に感謝しつつ、写真を撮ってすぐに下山開始。

自分の付けたトレースをひたすら辿って15:33兜岩着。

ここから更に下ってカモシカ渡り着。

一応下山時に懸垂用としてロープを持ってきたので時間があれば懸垂でカモシカ渡りを
降りてみようと考えていたが、今回は壁に雪が殆ど付いてなかった+時間が無いという理由で
グローブ+アイゼンでクライムダウン。

ねじれ滝手前で辺りが暗くなってきたのでヘッデン装着。

17:40駐車場着。

約10時間行動。
疲れたぁ。

今回は終始天気が良く、トラブルもなかったので山頂まで行くことができましたが
天気が急変したり、何かトラブルがあった際には自分はどういう判断をその場で下して
その場を凌げるか。

大きな課題です。

最後になりましたが、1月3日、8日の小秀山登山を通して
小秀山は地元の人に愛されてる山なんだなと実感しました。

よく整備された登山道や綺麗な避難小屋、そして秀峰舎。

自分の子供が大きくなったら必ず一緒に登りに来ようと思いました。

以上
スポンサーサイト



第32回目 【山行記録:2013/1/3 小秀山】

2013年1月3日に、岐阜県中津川市と長野県木曽郡王滝村のさかいにある「小秀山」へと行ってきました。
標高は1,981.7m。

※行動記録はICレコーダーにて記録。

●1/3(木)
7:30乙女谷渓谷キャンプ場発⇒8:15避難小屋着⇒8:43夫婦滝着
⇒9:50孫滝着⇒11:00カモシカ渡り中間部にて敗退⇒12:40乙女渓谷キャンプ場着

駐車場には僕の車1台のみ。

二の谷登山口からよく整備された登山道を進む。

少し歩いて「ねじれ滝」着。
本当にねじれてる。


【ねじれ滝】

8:15避難小屋着。
中は綺麗だった。(土足厳禁)

ここでアイゼン装着。

8:43夫婦滝着。

DSC_0133_convert_20130106234018.jpg
【夫婦滝】

いつかはここを登りたい。

ここからバイルをザックから外し、杖代わりにして進む。

夫婦滝を越えたあたりで少し道に迷う。
沢筋を登ってしまった。

9:50孫滝着。

孫滝を超えた辺りで雪の深さが膝下くらいになり登山道も急登になる。

高度があがるにつれて降雪の量も増えてきた。

鎧岩を超えてようやくカモシカ渡り着。

DSC_0145_convert_20130106234631.jpg
【カモシカ渡り】

11:00カモシカ渡りをグローブとアイゼンで途中まで登るも、岩に付いた雪をかき分けると
所々氷があり、登る事は出来るがこれを下るのは正直自信がなかった為、ここで下山を決意。
※後で考えたら下山は三の谷ルートを使う選択肢もあったと思うも後の祭り。。

DSC_0143_convert_20130106235003.jpg
【カモシカ渡り中間部】

12:40乙女谷渓谷キャンプ場着。

今回山頂には行けず、反省点の多い山行となりましたが個人的にはすごく楽しかったです。
また来ようと思います。

以上
プロフィール

ゆうやん

Author:ゆうやん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR