FC2ブログ

第11回目 【歩荷トレin伊吹山】

4月29日(日)に歩荷トレの為、伊吹山へと行ってきました。

ザックの重量は30.0kg。

内訳は、
・10.0kg⇒封を切っていない箱詰めしたままのダンベルセット
・12.5kg⇒水(2Lペットボトル5本+2.5L入るプラティパス)
・ 2.5kg⇒ザック(70L+10Lのもの)
上記で約25.0kg
残り5.0kgは食料・雨具・衣類等を押し込めるだけ押し込んで深夜2時に伊吹山へと向かいました。

深夜3時に伊吹山の麓にある道の駅に到着し、2時間程仮眠を取った後、僕がいつもお世話になっている
駐車場に車を止めて登山開始しました。

この日は11時から用事があったので、目的地を3合目に設定し往復5時間で戻ってこれるよう
ペース配分を考えながら歩きました。

昨年は30kgを背負って山頂まで登り5時間・下り3時間の計8時間かかっている為、
3合目までなら往復で5時間あれば十分と考えて3合目までの往復としました。

5時30分に上野の登山口を出発して、8時に3合目着。
3合目で10分ほど休憩した後、下山し10時前には登山口着。

久しぶりの重荷を背負っての歩きだったのでいいトレーニングになりました。

けど下りの最後の最後で足がつりそうになったので、無理に走らんとこと思った次第であります。

以上
スポンサーサイト



第10回目 【環境の変化】

3月3日に初級クライミング教室を卒業してから
ちょうど1ヶ月たった4月3日に第1子が産まれました。

男児で名前は「稜」と名付けました。

里帰り出産だった為、現在妻と息子は妻の実家で生活をしています。

2012年2月中旬から妻は実家へと帰省し、5月末には息子と共に
戻ってくる予定なので、毎日息子の成長を見れるかと思うと非常に楽しみです。

現在、平日2~3日ボルダリングジムに通い、
土曜日は人工壁でフリークライミングをやってそのまま妻の実家に直行するという
環境ですが、妻と息子が戻ってきてからはその環境が大きく変わると思います。

これからの限られた時間の中で、自分の技術レベルを向上させるには
どのような山行や練習をするべきかといった事を今は日々考えております。

時間が限られているからこそ、より密度の濃い時間を過ごしたいものです。

最後になりますが、
私の通っているクライミング施設では、親子でクライミングをしている光景をよく目にします。
僕もいずれそうなれればと理想を胸に抱いている次第であります。

以上

第9回目 【初級クライミング教室卒業】

今から1ヶ月程前の3月3日、2011年11月から通っていた初級クライミング教室を
卒業出来たので、その中で学んだ内容等を下記に綴りたいと思います。

そもそも初級クライミング教室に通い始めた動機ですが、
北鎌尾根にて万一ルートを見失い、進む事も戻る事もできない状況に陥った際に、
ロープを使用して撤退する技術(懸垂下降)を学びたいと思い、
その為にはロープに触れてロープを使う技術を学ぶ事が必要だと考えていました。

そのような経緯で、色々と探していると幸い家から車で20分程の所に
フリークライミング教室を実施している施設があったので、2011年11月から通い始めました。

僕が通っている施設は土日のみの運営ですが、
フリークライミング教室の受講料3,000円/1回でAM10:00~PM17:00まで
みっちりクライミング出来て、卒業すれば1,000円で施設を利用することが出来るので
小遣い制の僕にとっては大変有難いです。

初級クライミング教室卒業の条件ですが、

1、5.10abのルートをリードでRP(レッドポイント)すること。
※人工壁の高さは15mで途中から100°~110°の傾斜有り

2、トップロープ・リードでのビレイが教えられた通りきちんと安全に出来ること。
※管理責任者の方に合格点をもらう。

3、結び替えの手順がきちんと出来ること。

4、5.10abのルートをRPしたのち、全てのヌンチャクを回収する。

上記が私が実際に卒業した時の条件になります。
※RPの部分はもちろんOS(オンサイト)やフラッシュでもOKですが上記はあくまで
 僕が卒業した時の条件なのであしからず。

僕は、通い始めた2011年11月6日から卒業出来た2012年3月3日までに
計14日クライミング教室に通いましたが、登る以外にも本当に沢山の事を教えて頂きました。

1日の中で、登る事以外にもビレイをしたり
(一人で出来るまでは管理責任者の方指導のもと実施)
他の人の登りやビレイのやり方を観察したり、
柵にヌンチャクをかけてひたすらクリップしたり結び替えしたり、
色々な方とお話したりと1日があっという間に過ぎる日々でした。

ちなみに僕がどれくらい5.10abの同じルートに振り落とされたか計算してみました。
14日×1日4回のトライ=56回
※1日4回のトライは多少増減ありますが平均すると1日これくらい登ってました。

上記の計算だと56回目に初めてRPできたという事になりますね・・・

これまでの人生で56回も同じ何かに挑戦したのはこれが初めての経験です。
※この話とは全く関係ありませんが、僕の妻とは初めて出会ってから13年目になりますが、
 学生時代2回振られて3回目のトライでOKをもらいました。。。なんのこっちゃら

改めて数字にしてみると面白いなぁとこの文章を書いていてしみじみと思っております。

本題に戻りますが、教室の中では僕が学びたかった懸垂下降も実演を交えて教えて頂きました。
それを知識ではなく自分で出来る技術まで落としこむレベルには到底達していないので
まだまだ練習を重ねる必要があると実感しております。

初級クライミング教室を卒業してからも、この施設には通っていますが
それと平行してボルダリングジムにも2012年2月から週2~3回通い始めました。

現時点での自分の姿ですが、
・リード ⇒5.10ab RP
・ボルダー⇒3級の課題に挑戦している最中
※上記はあくまで僕が通っている施設やジムのグレードを参考にしています。

2012年5月末までの目標として
・リード ⇒5.11a RP
・ボルダー⇒3級の課題を全てクリアして2級の課題に挑戦する。
・懸垂下降の手順がスムーズに出来るようにする。

それにしてもこの5ヶ月間、集中的にとは言えど本当にクライミングしかやってないので
そろそろ歩荷トレでもやらねばと考えている次第であります。

以上

第6回目 【選択と集中】

◎選択と集中・・・自社の得意な事業領域を明確にし経営の資源を集中的に投下する戦略。
※はてなキーワードより

要は、自分にとって今、一番重要だと考える項目を選択し、
そこに自分の持っている資源(時間・お金)を集中させる事。

3年くらい前だったと思いますが、上司が頻繁に口にしていたなぁという記憶があります。

結婚してもうすぐ2年になりますが、お小遣い制の僕にとって資源(お金も時間も)は
かなり限られている為、色々と手を出して中途半端に終わるよりは1つの事に集中して
資源を投入した方が効率が良いと思い、2011年冬から2012年の春にかけて、
集中的にクライミングやロープワークの基礎を学ぶ事にしました。

幸い、家から車で20分程の所に15mの人工壁が設置されていて毎週土日にフリークライミング教室を
実施している所があったので、2011年11月から現在まで週1でほぼ毎週通っています。
※2012年1月時点で計8回

まだ卒業は出来ていないので、卒業したら教室の内容や学んだ事を綴りたいと思います。

2011年11月にフリークライミング教室に通いはじめてから購入した道具を下記に記載します。

1、クライミングシューズ
2、ハーネス
3、チョークバック
4、ビレイ器(ATCガイド)
5、安全環付きカラビナ×3
6、ヌンチャク×3
7、ロープ(シングル仕様 10.0mm×50m)
8、ロープバック
9、スリング(PAS)
10、エイト環

約3ヶ月、道具だけで約6万円投入。

プラス、クライミング教室3千円/1回と数回のボルダリングジム通いをあわせると
この3ヶ月で10万円近く投入しております。

卒業すれば3千円が1千円になるので早く卒業せねば。。

以上
プロフィール

ゆうやん

Author:ゆうやん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR